講師派遣サービスの導入事例(2) INSTRUCTOR DISPATCH SERVICE

人材、組織の成長をサポートする講師派遣サービス 導入事例

2各職種の課題を把握・改善し、
院内全体で部門間連携がスムーズになった!

業種

医療法人

職員数 230名

クライアントが抱える課題

  • 現管理職が5年後定年退職となる
  • これまで職員研修を一切してこなかったため、部下育成ができていない
  • 解決力、問題発見力、分析力に欠ける
  • セクショナリズムで全体最適という考え方ができない
  • 病院の方向性についてあまり興味を持っていない
部門別での問題点
コメディカル
  • 技術や専門知識はあるが、人を育てる力、新人の戦力化ができない
  • 経営的視点に欠ける
  • スペシャリストとしての専門職技能の向上ばかり目指し、部下育成に興味がない
事務課
  • 問題発見、解決力に欠け、全体最適で物事をとらえることができていない
看護部
  • 病院経営やコスト意識に欠ける
  • 忙しいを理由に、仕事の領域を広げようとしない
  • 人手不足を解消するため、新人または中途職員を配置しても育成しないため、退職者が多い

キャリアプランニングからの提案

研修対象医療職(看護職、コメディカル職)、事務職の現主任職23名に対し、以下のご提案をおこないました。

月1回ペースで集合研修と成果発表会を実施(各6時間)

(1)医療政策の理解と病院の経営特性
(2)病院の収支構造の理解と経営意識の醸成
(3)リーダーシップとマネジメント
(4)論理的思考とファシリテーション
(5)目標設定とPDCAサイクル
(6)課題解決ワークショップ
(7)成果発表会

講師によるカウンセリングの実施

キックオフ時、研修終了時の2回
1回目…研修の意図と企画背景の説明
2回目…1年を通して受講した研修についての感想、職場での活用状況の確認

PET検査

キックオフ時、研修終了時の2回
1回目…研修開始前の現状把握
2回目…研修受講を経ての効果測定

お客様の声:研修実施後の成果

病院の経営、方針を理解し、部下にも病院の方向性について説明ができるようになった

病院の方向性に関して考えるようになり、部下にも説明していく行動変容が見られた

人材育成の重要性を理解し、育成指導者として当事者意識が持てるようになった

自分の専門性を磨くだけでなく、育成・継承の意識、行動があらわれた

他部門、他職種連携の意識と実際の行動変容につながり、部門間連携がスムースになった

院内の全体最適を考えて、部門間の関わり行動に変化が見られた

研修前に組織と個人について把握!

事前のヒアリング、カウンセリングにより各職種の課題を明確にでき、適正診断の実施により、個人の強み・弱みを認識しました。組織、個人課題を意識し研修を実施することで、意識づけ、行動変容につながりました。